カテゴリ: パーツ

image

いままでよりも無駄な肉を落とされて軽量化!
image

D/Aらしくスタックハイトもアルテなどと比べると低い!
基本設計そのままで進化させるのも楽じゃないなーと思う。

image

2017モデルでワイドリム化された!
image

結構太い!!
リム形状もワイドリムらしく丸めになり今まで以上に期待できそう!
直進だけでなく、斜めからの風にも強そうな感じ!
image
 
ハブも新型で基本構造はDT!
前のモデルのハブよりも個人的には好感がもてます。

image

右側から順な組まれています。
下手に分解すると組めなくなる場合もあるかもしれないので、分解するのは止めましょう。

フロント 中華カーボンリム25mm/50mm
リア エンビスマートシステム26mm/70mm
スポーク CX-RAY 丸穴用
ハブ 9000D/Aエアロスポーク用24H
組方 JIS
image

image

こんな記事を見かけたけど、シマノの事だから毎度の事ながら合わない様に作られていると思う!
足したり変えたりして変速性能がとても悪くなった事もある…
image

image

2枚の写真を比べると歯がキレイに並んでいないので、ガチャつくのと変速が悪くなる事が予想できます。

違う歯数ですが、何度か試した事があったので書いてみました。
歯数変更で変速が悪くなってもコンポや調整した人の責任ではない事だけは知ってもらえたらと思います。

IF-0からIF-01へアップデート!
image

ハンドルをエアロノバPROへ変項です。
良くも悪くもエアロハンドルですが、組むのか面倒かつアウターがガリガリになるので組み方なども注意が必要です。

まだレバー位置が微妙に合わないので、バーテープは巻いてません。

カーボンモデルだと結構柔いのでアルミモデルに交換!
NOAHとNOAH fast でも使ってい物わそのまま使用です。
ただ、ワイヤーの取だし口はカーボンモデルの方が圧倒的に良いです。

フォークとハンドル空力特性は改善
されているお思います。
前が進む分、後ろ側で引っ張られる感じが常にする…

image

リアだけエンビスマートシステムのリム70mmです。
フロント50mm
前後ともワイドリム!
これにミシュラン パワーコンプ25cを組み合わせます。
JIS組24hでスポークはサピムCX-RAY丸穴用を選択。
 
ラジアル組とは違い振動吸収性は高いので乗っていて楽です。
横剛性は少し低い感じ…
僕的には気にするレベルではありませんが、かっちりが好きな方はラジアル組の方が良いと思います。

もろもろの理由から前後ともラジアルではありませんが、ホイールの感覚からだと狙った通りのフィーリングなのでかなり満足!

身体の負担も少なく加速での反応も予想以上でした。
もー少し慣れたらあら探しして書こうと思います。

image
IDOLにNOAH Fastのフォークを移植してみました。
まだエアロパーツ的にアップグレードの予定なのでIF-0と呼称しようと思います。
とりあえず、テストライドでは特に不満もありませんが、フロントが進み後ろが置いていかれる感じでバランス的にはどーなんでしょう?って感じです。
エアロフレームとして作られたバイクと比べると差は歴然… で、ノーマルと比べると平均速度と心拍で計ったら… 同じ平均心拍だと平均速度が1キロ以上は上がった! fastのフォークは形状的にも振動吸収が良い分、後ろ側の硬さが目立つ… フォークの横剛性は今のところ問題は無く、と言うよりはちゃんとしたコーナーを走っていないので山にでも持ち込んでみようと思います。 フォークの空気抵抗は非常に高いので形状の見直しや交換で戦闘力はアップする事でしょう! ただ、エアロフレームとして作られている場合は性能が落ちる場合もあります。 今後の予定は未定ですが、何かしらします。たぶん… 何分基本設計の古さはありますが、良く走るかは別としてフレームのデザインが好きなので気に入ってます! ついでに本国生産の最終型♪

image

メンテナンス不足で中が錆び錆び!

どんなホイールでも定期的にメンテナンスが必要です。
雨の中の走行や距離にもよりますが、年に1度はフルオーバーホールを♪

最近はしてませんが、土日走ったらボルト単位で車体ごとオーバーホールしている時期もあったのが懐かしいです(  ̄▽ ̄)

image

image

まずはフロントディレイラー!
シマノの比べると作りはシンプルな感じです。
image

image

image

リアディレイラーは思っていたよりもゴツい!
駆動時間
フロント90時間
リア60時間
となっているけど、1回の作動時間から考えるとだいぶ使えそう!

image

image

image

シフターはボタン電池2個で最長2年。

話題性で9100に完全に持っていかれた感の高いe-tapだけど、今後に期待!!

色々見てまわり、だいたいのパーツは現物を手に取って確認済みなのですが…
image

気のせいか、CS-9000には無かったと思われるカットが歯に施されているのでスタッフに確認してみると…
トップ側2枚は変速しやすくなっています!との事だが…
image

手前5枚…
明らかにカット数が増えて、形状が違う気がする!?
スタッフさんに確認すると、ホントだ!との事でした。
並べて見ないと判らないけど…

進化するばかりで入手出来ないパーツなども多々あるけど、今のモデルには無い美しさがあったのも事実!
一応、スタッフさんには初期型D/Aなどメーカー送りでいいから補修して欲しいとも伝えてみました。
期間限定、個数限定でも良いとは思うから補修して欲しいと思います。
パーツを無くして淘汰するのは商売としてはアリだけど、過去のモデルだから好きな人が多く居る事も忘れずにいて欲しいなー

他のパーツは多くの方が見てたけど、スプロケットってとても重要なだけに個人的にはとても気になる部分です。
たぶん、スプロケットを見てるだけで半日は潰せる!?

もろもろの説明を受けた後で、パーツを見て回ると…
image

新しいクリンチャーC40を発見!
今までよりもスポーク部分の出っ張りが少なくて空気抵抗が少なくなっているのかな?と思います。
基本的な作りはC24や35と同じです。
image

リム幅28mmとかなり広い!
最近のホイール事情からだと、フレームによっては使えないと思うので早めに2016以前のホイールを狙うのはアリだと思います!!
image

ディスク仕様も有りました。

他にも何かアップするかも?

image

NOAH fast のフォークだけ持っているので、移植前に塗装しました♪
懐かしのCBR1100XXと同じチタンメタリックです。
かなり適当なので近くで見るのは禁止仕様。
スリットの中やフォークの内側が凸凹なので色を入れるのが面倒…
とりあえず、完成として時間があれば他にも色など付け加えて行きたいです♪
今回はフレームに合わせて艶消し仕様ですが、元が艶有りなので吹き方で艶を消してみました!
と、言うか研がないだけ( -∀-)

image

新型のブレーキ!
気になる重量は…
image

image

増えてるし!Σ( ̄□ ̄;)
ま、増えてしまったものは仕方ない!
image

ブレーキを握ると…
補強されてる!
9100はワイドリムに対応するために幅が広がったので、タワミを抑える為に補強されたと思います。
image
image

シューの位置が9000と9100で違いますが、参考程度に見てください。

予想ですが、普通のキャリパーブレーキも長い時間をかけて熟成!
今後はワイドリムが主になるので、エントリーアルミでもダイレクトマウントになるでしょう!
ちなみに、トレックのドマーネALRはダイレクトマウントです。
平行販売されるのがディスクブレーキ!
5年後にはキャリパーとダイレクトマウントとディスクブレーキで半々かディスクブレーキが少し多くなってきていると思います。

さて、どーなるか!?

フロントディレイラー!
かなり変わった!
image

えーーーーーーっ!
こんなにー!
って、雑誌でも散々見てると思うので…
image

image

image

image

動きはこんな感じです。
もーMTBコンポ!

image

ST-9100!
今までよりも少し細身になりDi2とST9100の中間って感じになってます!
image

ブラケットの下側の形状が今までだとハンドルにブラケットカバーが沿う様な形でしたが、今回は握り込みやすい形になりました!
image

個人的に正常進化!と思ったのはココ!
何が?と思うかも知れませんが、ワイヤーの折れ曲がる角度が浅くなった!
ここかなり重要!!
引きの軽さにも影響する!
やるなシマノ(。-∀-)ニヤリとか思ったり♪
パワーメーター対応クランクなど話題はてんこ盛りですが、パワーメーターよりも操作性などの方が大切な部分♪

image

まずはRDから!
MTBみたいな作りになりました!
image

ガイドプーリーは山が高くなってます。
image

裏側の肉抜きはなかなか格好いいと思う♪
image

ワイヤーの取り付け部分はこんな感じ!
長く書く気は無いので、写真にてお楽しみください(^-^)

image

image

サドルレールの変更で価格が安くなり、ハイエンドと同じ形状の物が使える様になった!
お試しとして使うには優しい金額なので、気に入ればハイエンドに交換するのも有りだと思う!
コレはうれしいかも!!
オーダーお待ちしてます♪

↑このページのトップヘ