カテゴリ: インプレ

シマノのカーボン用シューでシマノ以外のメーカーのリムで使うと音なりが酷く止まらない…
音なりも無く止まるリムもあるとは思いますが、相性が良くない物も多いと思うので、
今回はBBBのカーフストップをインプレ!
image

白が特長でパット面も見た感じスポンジ風な印象です。
街中で使う程度のブレーキでは音なりも無く問題無し!
意地悪なので、下りきった所が信号のため赤だと止まるしかないので…
フロントのみでフルブレーキ!
40キロ台半ばは軽く超えるぐらいの勾配の場所で、車体や荷物を含めて90キロちょいを止めるのにかかる負荷はかなりのもの!!
※後方を含めてまわりの確認をしています。
流石に多少音は出るものの、気にする程ではありません!
ストッピングパワーも必要十分なのと1台分でもかなり安い!
ただ、パットの減りは少し早い感じですが、リムへの攻撃性は低いので良いと思います。

image

シールスキンズのシューズカバーを買いました!
水は通さず、熱と湿気は外に逃がす。って物てす。
流水をバシャバシャかけても内側には入って来ないのは当然なから、ガツガツ走っても暑すぎず程よく涼しいのが特長てす!!
ちょっと高めですが、おすすめ♪
image

そして、初めて買った爪先部のシューズカバー!
マビックの物ですが、薄くて程よく伸びるので使いやすいかも?
個人的には十分な保温性があるので0度以下になるまではこれで十分かも?
もー少し使ってみてってから、また書こうと思います。

メーカーやグレードによっても違いますが、ざっくりと分けてアルミとカーボンのクリンチャーだけで書いてみようと思う。

image

image

1番良く感じるところを書くと…
この2つ以外にも使ったけど、カーボンリムの方が振動吸収が良く感じるのと、同じタイヤを使っても平均速度が高くなる!
跳ねないから進むと書いた方が伝わるかもしれない。

スポークのテンションや組方でも変わるとは思うけど、巡行速度が高めなのはちょっと柔らか目の方が高い!

↑の写真のBORAとCiciliaを比べると、
BORA35の方が50キロ台までの加速は早く脚があるうちは楽しく速い!
Ciciliaの方はトルクを掛けた時にタメが入り、遅れてから速度が伸びていく!
ここ1発の勝負にはBORAだけど、伸びで速度維持しやすいのはCicilia!
と、メーカーやモデルによってキャラクターは違うけどアルミで硬めのホイールより伸びとあって身体の負担は少く感じる。

もう1つ加えるとしたら、スポークが飛んでもカーボンリムだと歪まない!
ここかなり重要!
アルミだと歪んじゃうから、直してもテンションバラバラの形だけ…

image

とりあえず、カーボンディープは手組!


アルミに一切触れる事なく…
おわり(  ̄▽ ̄)

image

気になっていたパワーコンプ25Cをやっとインプレです!
走ってすぐに感じるのは乗り心地の良さ!
PRO4も良かったですが、比較すると腰砕け感も少なく、かかりも悪くありません!
が、良い!とも言えないところ…
全体的には弱点克服をした正常進化型タイヤ!
細かな凹凸はタイヤがしっかりと吸収するので跳ねずに良く進みます!
image

コンプのパターンはスリック。
転がりの良さはちょっと判りにくい…
けど、速度を上げて巡行すると、速度維持がしやすい事に気がつきます!
ホイールやリムの重さで慣性を使って走るのとは違うフィーリングのため、チューブレスにかなり近い転がり抵抗の低さかもしれません!

エア圧を
フロント6.5bar
リア 6.8bar
76キロの僕の体重からしたら、かなり低めのエア圧ですが、
フロント7bar
リア7.5bar
の時よりも確実に平均速度は高くなりました!

グリップに対する不安はまったく無し!
タイヤの振動吸収が高いので、60キロ超で曲がる様な高速コーナーでも不安はかなり少ないと思います。
ロングライドからレースまで安心して使えるタイヤだと思います。

もー少し走ったら、また追記します!!

IMAG7030
昔、ミニバイクでIRCのレース用タイヤを使っていましたが、グリップは高いけど曲がらないタイヤだったのであまり印象は良くありませんでしたが、自転車用タイヤが出ていたので使ってみたら…
とても良かった!
その後は他のタイヤを使う機会が多く遠ざかっていました。

前置きは置いといて、今回から数種類のタイヤのインプレッションを行って行く予定です。
ちなみに第1回目はIRCフォーミュラPROチューブレス
2回目は写真の通りIRCアスピテPRO24Cです。
僕の体重は76キロなのでエア圧的には7.6〜8barぐらいになりますが、どのタイヤでも6.6〜7.5barの範囲で使う事が多いです。 

今回は
フロント7bar
リア7.3bar 
で、ホイールはシマノのアルテグラ、バイクはデローザIDOL(本国生産モデル?)で統一してテストを行います。 
※フォーミュラPROチューブレスはボントレガー パラダイムエリート

まずは組付けた感じから書きたいと思います。
タイヤはサイドウォールは硬めですが、組み付けにくい事は無いので誰でも安心して組み付けは出来ると思います。
走りは始めてすぐに感じるのは、もっちりしていて進むのか?って感じ…
少し速度を上げていくと路面の細かな凹凸などはタイヤがきっちりと吸収してくれ、転がり抵抗も少ないので良く進みます!
コーナーもタイヤのグリップが十分にあるので安心曲がる事ができます!
サイドウォールにはリムとの隙間を無くすフラップがタイヤに付いていて空気抵抗を少しでも少なくする工夫がされていて、約4%ほど空気抵抗が減るとか!
IMAG7032
タイヤの表面ですが、サイドにはツブツブがあり限界ちょっと手前で滑るぞ!って教えてくれるのかな?とも思いますが、実際のところはわかりませんが…
タイヤの劣化ですが、某M社のP○R4コンプとかに比べると表面硬化が少なく多少ヒビが入っても安心して使えるのは結構嬉しいところです。 エア圧は、フィーリングの良かった フロント6.8bar リア 7bar で落ち着いた感じです。

image

やっとテストの準備ができました!
今回は走行とは関係ありませんが、組み付けたので少し書こうと思います。
25Cで215gなので、ボントレガーのR3よりは重いのにペラペラしていて軽く感じたのが印象的でした!
タイヤ自体は組み難さは無いので安心して組む事がでました!
サイドウォールは肉厚が少なく、経験的にはコツコツと振動が伝わって来そうな印象…
PRO4とは違う感じです!
image

エアを入れると離型剤が浮き、手で撫でるとボロボロと剥がれて行くもPRO4とは違うトコ!
こんなに必要なのか!? と思うほどてんこ盛り!!
手で全部落とせるので、走る前に落としてから走る方が良さそう!!
インプレは後日します♪

image

25cと28cを使ったのでインプレをしたいと思います♪
もちっとしたフィーリングですが、転がりはとても軽くタイヤが良く仕事をしてくれているので、荒サイだと秋ヶ背公園の更に上流の田んぼ道のガタガタでもとても楽!

荒れた路面でも速度を維持しやすく、加速させやすい!
少ない力でも良く進み、グリップも必要十分!
image

タイヤパターンはご覧の通り。
プロチームからの要望により絶対グリップよりもコントロール性、滑り出しが分かりやすい様にとの事でパターンが決められたそうです。

25cがタイヤ的にまとまっている感じで、28cはもっさり感と出だしの重さはあります。
走り出してしまえば巡行も楽ですが外径が大きいと感じるのと、ターンインでは少し鈍くなります。
慣れの問題かなーって感じですが、こればかりは好みが別れるところです。

楽チン仕様なら28c
それ以外なら25c
フレームの制約があるなら23c
って感じです。

ホイールへの取り付けも楽になり、手ではめられる様になり…
速くて楽で乗り心地が良く疲れにくいタイヤだと思います♪

フォーカス カヨの試乗車を借りて、ちょっと走ってきました!
image

image

今年からディスクロードのマウント方式等が変わってからのは初試乗です!

モーターサイクルで例えるとブレンボのキャリパーにラジアルマスターを使った時の様にコントロール性が高い!
と、書いて伝わる人が少ないと思うので…

握り込むとリムにシューが食いつく様な感じで、ぐぐっ!と制動力が立ち上がりコントロールしやすい!
昔使っていたMTBの油圧ブレーキ シマノのデオーレLXと比べると段違いに使いやすく止まる!

握った時の音もカーボンリムの音を小さくした感じで好印象!
image

レバーは頭デッカちだけど、思っていた異常に握りやすくレバーの頭も握りやすくて見た目を除けば良い感じ♪

下りで使いたいと思うブレーキでした!!

IMAG6594

久しぶりに榎本牧場まで走って来ました!!
オープン時間が9:30とは知らずに、ぴったり9:30に到着♪
IMAG6595

キウイとラムレーズンのダブル!
個人的にはラムレーズンが1番好きかも♪
筑波2時間エンデューロの練習を兼ねて行ったので、行きも帰りもガツガツ!
IMAG6592

初めてキシリウムプロエグザリットを使ったけど、結構縦が硬くて反応は良く10%超の登りが続く様な場合の方がホイールの本領発揮だと思います!
エグザリットリムも500キロぐらいまではシューがガリガリ減っていくようですが、馴染みが出れば減りも少なくなる様です!

↑このページのトップヘ