カテゴリ: メンテナンス

image

ユピテルのASG-CM41から、ポラールのM450に変えました。
まだまだ使い方とかわからないけど、少しずつ書いていこうと思います。
購入して使う前にPCに繋いでアップデート!

取り付けはガーミンマウントに強制取り付けです!
image

意外とはまった!!
裏は…
image

こな状態です。

前評判が非常に高く、当分は勢いが続きそうなレザインこGPSですが…
アップデートをして日本語対応にしたりと、少し手間が必要です。
ここら辺はポラールと一緒ですね♪

下記のURLからアップデートできます。
http://www.lezyne.com/support-downloads.php

image

真ん中より少し下に↑の表示があります。
winとmacの2種類がありますので、OSに合わせてダウンロード。

黒ベースに白字でLと書いてあるアイコンをダブルクリックして、指示に従えばアップデート完了!

快適使える様にアップデートする事をおすすめします♪

image

リネンのタオルで拭いてみた!
ずーっと、薄曇りだったのがスッキリ!
レンズのコート関係も試したけど、今までで1番透明度が高い!!
メガネ拭きより断然キレイになる!

image

今までのシーラントと比べるとすぐに止まる優れもの!
クリンチャーやチューブラーはもちろんチューブレス(レディー)でも使える。
シーラントも3年は液体のままなので安心して使える。
普通のシーラントだと完全に固まっている年月ですね…
パンクの予防と言う意味の物ですが、少し見方を変えれば高速走行中にパンクしたらエアが抜ける前に止まるのはかなり困難!
パンク直後は減速出きる時間は少しでも長く欲しいところ。
落車などのリスクを減らす為にもシーラントを入れてもいいのかな?とも思います。

スーパーシーラントはバルブコアが外せるタイプのみ使用可能です。

IMAG7887
MD-09のフルオーバーホールですが、時間がなかったために写真がほとんど無く…
いきなり終了後の写真となってしまいました!
まだ、バーテープは巻いてませんが…
IMAG7889
かれこれ5年はカンパレバーでシマノコンポを動かしてきましたが…
11sになってからはまともに動く物が無くイコールプーリー改で動かしていましたがイマイチ…
今回一新して純正パーツ流用で作り直しました。 
世間的にはシマニョーロと言ってますが、シマニョーロ…響きがイマイチ嫌いなので僕はこの呼称では呼びません。
 IMAG7890
RD9000からRD9100に交換!
組んでみて感じたのは、FD9100とRD9100ですが基本的には別物。 
各動作など機械的に弱い人だと今まで以上に迷ったり、まともに変速出来なくなる事が考えられます!
RD9100もノーマルでの使用は0m、STIでは動かしていないので更に手間なども掛かりましたが…
こないだの彩湖練でストレスになる様な状況もなく動いてくれたので、レバー側のパーツとRDの調整が上手くいったとおもいます。

今年最後の袖ケ浦エンデューロに何とか間に合ったー!

IMAG7885
DI2で組立中ですが、ハーネスの取り回しがちょっと気に入らないので途中でまとめてみました。
伸縮チューブで全体を覆ってしまう方法も考えましたが、後々のメンテナンスの事なども考えてこんな感じに!
ばらける事もなく全体的に纏ってくれたので良しとします。 

image

ひたちなかの砂にやられてフルオーボーホール中で、1番めんどいステア周りが終わりました!
まだまだ作業は続きます…
image

RD9100に交換するので、組む前にお決まりの分解!
このボルトを抜くと…
image

こんな感じにバラバラ!
たいした造りではありません。

走れるまでに、もー少しかかりそうですが…
袖ヶ浦EDに間に合うのか?

雨と砂のひたちなかが終わって初のメンテですが、予想以上にキテるので作業がとても大変です!
image

ブレーキにカバーが付いているにも関わらず…
中まで砂まみれ!?
先日の砂が色々な場所に入り込んでいたので、全バラです。
image

パカパカくんの真下にヘッドパーツがあるので、案の定砂まみれ…
ここは雨でも水が溜まりそうなので注意ポイントかもしれません!!
image

ISOspeed(イソマル)も砂がいたので掃除!
ちなみにRDハンガーも取り外して砂の除去などをしています。
image

まず、砂は無いと思いますが、チェーンリングの隙間もちゃんと掃除!
image

3時間かかって、まだこの状態…
まだまだ続く!

image

右側から順な組まれています。
下手に分解すると組めなくなる場合もあるかもしれないので、分解するのは止めましょう。

ppf06500_01
チューブレスタイヤを組む時にフロアポンプではビートを上げられない時の便利アイテムがトピークからも登場!
これがあればチューブレスタイヤも簡単に組み付けができる!と書いてるけど持ってません…
ホイールによっては相性の問題でフロアポンプではビートが上がらない物もありましたのでコレがあればイチコロでしょ! 

image

結構な確率で緩んでいます!
変速だけでなく、チェーンの巻き込み等のトラブル回避にもなるのでたまーに点検&増し締めしましょ♪
image

ついでにかなり汚れていて、ゴミなどで真っ直ぐ付かないので綺麗にしてから取り付けをおすすめします(^-^)/

image

現行ブレーキは結構ごりごりするのが弱点…
メンテ頻度は少し上げた方がボディ自体も減らずに済むので、定期的にメンテをおすすめします♪
写真のキャリパーは下側の船の真上辺りのボディが削れてしまいゴリゴリがとれませんでした(。>д<)

image

うちでの取扱いはありませんが、ボントレガーの5nmのみのトルクレンチ!
ステムやシートポスト辺りに丁度いいサイズなので結構重宝してます♪
image

4mmと25Tの2種類で、使っているうちにビットが取れちゃいますが、ご愛敬って事で♪

image

チューブレスレディ(TLR)で使うリムテープを2巻きしてボントレガーのチューブレスバルブで固定!
image

他のメーカーのTLRよりホイール内側の径が少し小さく、タイヤとリムの密着度合いが良くないのでCO2でビートアップ!!
コンプレッサーが手元に無かったので仕方なく…
image

これがあったらコンプレッサーやCO2無くても大丈夫!
ポンプと大きい方がタンクになっているので、コンプレッサーと同じ様にエアを一気に入れられる優れもの!
持ってませんが…
TLRなので、最後にシーラントを25~30ml入れて出来上がり♪
シーラントもメーカーによって使用量が違うので説明書を読んでください。

多少はエア漏れもありますが、シーラントで塞ぐので問題なし!?
チューブレスホイールの場合は漏れちゃダメです!

やっと使いたかった組合せが出来上がりました!

IMAG6547
フリー側は専用工具が無いと外れません。
今回はベアリング交換ではないため、写真や作業工程はフリーボディー辺りだけとなります。
かなり固く止まっているので、逆ネジ?とも思いましたが、正ネジでした!
IMAG6548
左から、
スペーサー(ワッシャー)
専用工具で外したフリーのラチェットがはまっている部分
最後にシールのリップが一体になったパーツ
となります。

組付けには必ず専用工具が必要です。
そのまま作業したら最後にリップを潰してパーツは終了…って事になるので、ショップにお願いした方が無難です。
写真取り忘れて2枚だけ…

↑このページのトップヘ