image

久しぶりに彩湖土手上周回ぐるぐるコースに行ってきました!
image

今日の相手はこいずみくん!(大学生!)
ペースは抑えて走る予定が…
別の競技している大学生?2名に引っ張られてペースアップ!
潰れるのはわかっていたけど、前に出て更にペースアップ!
久しぶりに限界を感じたけど、限界が低くなっている方にびっくり…
image

午後から日暮里に買い出しに行き…
image

コーヒーのしんや先生のコーヒーを頂いて、仕事へ♪
一通り仕事も終わり、IDOLにNOAH fast のフォークを付けたら…
付いた(  ̄▽ ̄)
塗装をしたら組み込もうかと思います…

image

結構な確率で緩んでいます!
変速だけでなく、チェーンの巻き込み等のトラブル回避にもなるのでたまーに点検&増し締めしましょ♪
image

ついでにかなり汚れていて、ゴミなどで真っ直ぐ付かないので綺麗にしてから取り付けをおすすめします(^-^)/

image

現行ブレーキは結構ごりごりするのが弱点…
メンテ頻度は少し上げた方がボディ自体も減らずに済むので、定期的にメンテをおすすめします♪
写真のキャリパーは下側の船の真上辺りのボディが削れてしまいゴリゴリがとれませんでした(。>д<)

image

うちでの取扱いはありませんが、ボントレガーの5nmのみのトルクレンチ!
ステムやシートポスト辺りに丁度いいサイズなので結構重宝してます♪
image

4mmと25Tの2種類で、使っているうちにビットが取れちゃいますが、ご愛敬って事で♪

image

ハンドルの切れ角はこの程度しかありません…
image

犯人はココ!
フロントブレーキ!
走る分には問題ありませんが…
輪行する時はハンドルを外す様にとの事!?
輪行したい方にはとても不向きかも…?

得られる物も多いけど、失う物も多いと思うマドン9!
個人的には得られた物の方が多かったのでヨシ!!

ここまで面倒なバイクだと、ワイヤー類外回しのメンテが簡単なバイク欲しいです(  ̄▽ ̄)

image

10Sの時からカンパレバーでシマノを動かしてますが…
image

試行錯誤でやっと使える様になった!
でもシマノで組んだ状態と比べると、調子イマイチって感じ…
カンパ組みなら、こんなもんでしょ!ってレベルです♪

カンパのレバー内のプーリーで年式違いを数種類持っていますが、11sを動かせるプーリーは社外品を含めてまともに動くのは無いのが残念…

とりあえず、テストライドでは不満はほぼ解消されましたが、時間のある時にもー少しセットをツメます♪や

image

25cと28cを使ったのでインプレをしたいと思います♪
もちっとしたフィーリングですが、転がりはとても軽くタイヤが良く仕事をしてくれているので、荒サイだと秋ヶ背公園の更に上流の田んぼ道のガタガタでもとても楽!

荒れた路面でも速度を維持しやすく、加速させやすい!
少ない力でも良く進み、グリップも必要十分!
image

タイヤパターンはご覧の通り。
プロチームからの要望により絶対グリップよりもコントロール性、滑り出しが分かりやすい様にとの事でパターンが決められたそうです。

25cがタイヤ的にまとまっている感じで、28cはもっさり感と出だしの重さはあります。
走り出してしまえば巡行も楽ですが外径が大きいと感じるのと、ターンインでは少し鈍くなります。
慣れの問題かなーって感じですが、こればかりは好みが別れるところです。

楽チン仕様なら28c
それ以外なら25c
フレームの制約があるなら23c
って感じです。

ホイールへの取り付けも楽になり、手ではめられる様になり…
速くて楽で乗り心地が良く疲れにくいタイヤだと思います♪

先日、新田丸ライドの下でのブレーキでリムが発熱!
普段は特に気にもしませんが、熱が入りすぎてブレーキの音が変わったのがとても気になりいろいろと調べてみました。
その時のリムは触ってられない程暑く70度ぐらいまでは温度が上がっていたと思います。 
リアタイヤは家を出る前に7.5barにしていたのでリム温度が70度まで上がり、タイヤ温度が50度になっていたと仮定すると、8.2barまで上がっていた計算になります!
フロントタイヤではスタート7bar→7.7bar!
空気入りすぎ!
タイヤのフィーリングもだいぶ変わりグリップも変わってしまいます…

ただリムやタイヤなどの面積自体は少ないので温まるのも早ければ冷めるのも早いのでシビアに考える必要は無いと思いますが、気をつけたいのは圧が高くなる事だけなので気持ちエア圧を低めでスタートすればいいのかなーとも思います。
走る場所で、行く場所でエア圧を考えても良いと思います。

僕の体重でのエア圧はミシュランタイヤだと、7,5barですが使用している夏場のエア圧は、
フロント 6.5〜6.8bar
リア      7〜7.5bar
です。
夏場の路面だと出てすぐにタイヤ温度も上がるのでこんなもんかな?

モジケンズ真田丸ライドに参加させていただきました!
P7031299
右から
企画された富士ヒルシルバーのドクさん
お肉が大好き?肉さん
軽量ハイパワー!?ツヨシさん
カテゴリー問わず自転車大好き水垣さん
トルクでモリモリ!ミッチさん
ビアンキ大好きビアンジンさんでも今日はデローザ!

イノシシを食べに山を越え山を越え山を…
坂だらけ…
P7031339

 食事ごとに写真を写そうと思いましたが、面倒なので全部一緒!
 P7031336
とりあえずイノシシ!
お店の写真を忘れてお店がわからない…
思っていた以上に気温が上がり暑くなりましたが、とても気持ち良く走れてよかった♪
走り終わった後は温泉でさっぱりして帰りました!

ルート選びからご飯どころまで企画して頂いたドクさんありがとう御座いました!
山も程よい勾配と距離だったでの楽しく走れました。
ほとんどの方が会ったのが初めてでしたが、気兼ねなく走ってしまってゴメンなさい…
みんないい感人ばかりでとても楽しく過ごさせて頂きありがとうございました。  image image お店の写真もらいましたー♪

フォーカス カヨの試乗車を借りて、ちょっと走ってきました!
image

image

今年からディスクロードのマウント方式等が変わってからのは初試乗です!

モーターサイクルで例えるとブレンボのキャリパーにラジアルマスターを使った時の様にコントロール性が高い!
と、書いて伝わる人が少ないと思うので…

握り込むとリムにシューが食いつく様な感じで、ぐぐっ!と制動力が立ち上がりコントロールしやすい!
昔使っていたMTBの油圧ブレーキ シマノのデオーレLXと比べると段違いに使いやすく止まる!

握った時の音もカーボンリムの音を小さくした感じで好印象!
image

レバーは頭デッカちだけど、思っていた異常に握りやすくレバーの頭も握りやすくて見た目を除けば良い感じ♪

下りで使いたいと思うブレーキでした!!

image

チューブレスレディ(TLR)で使うリムテープを2巻きしてボントレガーのチューブレスバルブで固定!
image

他のメーカーのTLRよりホイール内側の径が少し小さく、タイヤとリムの密着度合いが良くないのでCO2でビートアップ!!
コンプレッサーが手元に無かったので仕方なく…
image

これがあったらコンプレッサーやCO2無くても大丈夫!
ポンプと大きい方がタンクになっているので、コンプレッサーと同じ様にエアを一気に入れられる優れもの!
持ってませんが…
TLRなので、最後にシーラントを25~30ml入れて出来上がり♪
シーラントもメーカーによって使用量が違うので説明書を読んでください。

多少はエア漏れもありますが、シーラントで塞ぐので問題なし!?
チューブレスホイールの場合は漏れちゃダメです!

やっと使いたかった組合せが出来上がりました!

IMAG6655
右:左右の位置調整をするプレート
中:クリートにはまるCリングと左右への振れ各を調整するボルトが付いている黄色のプレート
左:前後位置を調整するベースプレート
の3つに分かれています。
今更説明する必要もないと思いますが…
IMAG6656
個人的にとても良いと感じるのは、足首のフローティング感!
足首や膝に負担が少なく楽です!

反面、シマノや他のメーカーと比べると遊びが大きいのでちょっと不安感を感じる人も居るかも?
新品時はもの凄く硬くてキャッチしにくい場合もありますが、慣れとアタリさえ出てしまえばどのペダルよりもキャッチは早いでしょう!

ペダルを交換して完全に忘れていた事が…
スタックハイトの違い!
スピードプレイ3穴アダプター:11.5mm
に対して
D/A9000:14.3mm
サドル高さも必然的に変更です…

以前に調べたスタックハイトのデータもちょっと載せておこうと思います。
スピードプレイ専用シューズ   :8.5mm
スピードプレイ3穴シューズ   :11.5mm
L O O K  K E O  B L A D E 2      :  13mm
シ マ ノ  D / A 9 0 0 0                : 14.3mm
LOOK KEO BLADE/KEO2MAX : 15.7mm
シマノ ア ル テ グ ラ・105: 16.2mm
って感じです。

ペダルの話ついでですが、年内でマヴィックのペダルはカタログから消え、今まで通りTIMEの扱いに戻るそうです。 

IMAG6645

もー5年以上スピードプレイを使っていて、ステンシャフトとチタンシャフトを使っていたこは…
1番は足首の動きを妨げない!
クリートのセッティングが簡単!
この2つが個人的にはとても重要だったので使ってきましたが…
IMAG6642_1





























踏み面の安定感はシマノの方がしっかりしているので、久しぶりに使ってみたくなりPD-9000に!!
青クリートがあればシマノをずっと使っていたなーと思っていたけども…
スピードプレイの方が角度的に大きく動かしていたので、黄クリートの方がしっくりきそうな感じ…

踏むときと引くときでは微妙に足首の角度が変わるので固定クリートは使わなく、フローティング感はスピードプレイの方が上だけど安定感はシマノ!
久しぶりに使ってどーなるか…
後日、違いを書いてみよーと思います♪

ドマーネSLRが発表され、ラインナップとしてSL、S、ALRの3種類がラインナップに加わるのはエモンダを見ていれば判ると思いますが…
そのまんまでした!
今回はまだ発表されていないので、写真はありませんが…

SL
SLRとの見た目の違いはリアのISOspeedは調整できませんが、フロントのISOspeedは付きます!
コスパ的にはこのモデルが主になると思います。

S
細かいところは置いておいて前モデルが継続と思って良い感じのパッケージングとなっています。

ALR
完全新作で溶接箇所の仕上げも綺麗に仕上がったエントリーモデルとなりますが、エモンダ同様にエントリーモデルで収まらないフレームに仕上がっている事は予想されます!!

こんな感じのラインナップでリリースされるので、ドマーネSLRは金額的に…
と思っていた方にはかなり朗報だと思います!

IMAG6594

久しぶりに榎本牧場まで走って来ました!!
オープン時間が9:30とは知らずに、ぴったり9:30に到着♪
IMAG6595

キウイとラムレーズンのダブル!
個人的にはラムレーズンが1番好きかも♪
筑波2時間エンデューロの練習を兼ねて行ったので、行きも帰りもガツガツ!
IMAG6592

初めてキシリウムプロエグザリットを使ったけど、結構縦が硬くて反応は良く10%超の登りが続く様な場合の方がホイールの本領発揮だと思います!
エグザリットリムも500キロぐらいまではシューがガリガリ減っていくようですが、馴染みが出れば減りも少なくなる様です!

IMAG6547
フリー側は専用工具が無いと外れません。
今回はベアリング交換ではないため、写真や作業工程はフリーボディー辺りだけとなります。
かなり固く止まっているので、逆ネジ?とも思いましたが、正ネジでした!
IMAG6548
左から、
スペーサー(ワッシャー)
専用工具で外したフリーのラチェットがはまっている部分
最後にシールのリップが一体になったパーツ
となります。

組付けには必ず専用工具が必要です。
そのまま作業したら最後にリップを潰してパーツは終了…って事になるので、ショップにお願いした方が無難です。
写真取り忘れて2枚だけ…

フリーボディーからピスト用のシャフトに交換をすると重くなるとの依頼があり対応させて頂きました。
ノーマルとチューニング後の回転差が判ると思います。
 04
セラミックベアリングにはしていません。 シマノ、カンパ、フルクラム、マビックなどのチューニングも多々しています。

↑このページのトップヘ