image

シュワルベのところにあったデータを抜粋してみました!
17mmのリム幅だと23cは不適合との事ですが…
MD-09についてきたパラダイムエリートはワイドリムにも関わらず、23cが標準装備でした!

シマノのリム 外-外20.8mm(?)だと28CまでOK!
ちなみに13Cは25Cまで大丈夫みたいです。

23Cで17Cを使った場合はどうなのか?
結構気になる部分ではあります!
23Cだとサイドウォールが立つのでタイヤ本来のクッション性能は落ちる事になりますが、縦
剛性は上がります。
ホイールの違いはあるので一概には言えませんが、走ってみるとカツカツと多目の振動が伝わってくるので間違いでは無いと思います。

正面からの写真です。
タイヤはIRC アスピーテプロ24C
image

リム幅とタイヤがほぼツライチ…

コーナーでのフィーリングは特に問題もありませんが、厳密に言えばサイドウォールがちゃんとした仕事が出来ないので限界付近での滑り出しはズルズル~と教えてくれる事もなく一気にスッポ抜けると思います。

リム幅が広くなりエアボリュームは増えますが、タイヤ幅を広げたのとは意味合いがまったく違うと思います。

もう少し走ればワイドリムと23Cの組合せについて発見が出来るかもしれないので、またその時に書こうと思います。

タイヤ幅とリム幅の適合表も参考にしてみてください♪

image

いままでよりも無駄な肉を落とされて軽量化!
image

D/Aらしくスタックハイトもアルテなどと比べると低い!
基本設計そのままで進化させるのも楽じゃないなーと思う。

23cと25cだとタイヤの接地面積が小さくなりますが、あまり変わらないよね…って思うかもしれません。
が、肝心なのはタイヤの変形量の差はかなり変わります。
タイヤ幅が広くなると外径も大きくなり凹凸での走破性も向上します。 
 WS000153
※イラストの資料はGOKISOの物です。
どの程度差が出るのか?
rolling-resistance-GB

※イラスト資料はショワルベの物です。
太さとエア圧によるワットの図です。
60cと37cだと25Wで走る時のエア圧は倍となります。 
この場合、圧を上げれば同じ!と言う訳でなく、圧が上がる程に乗り心地が悪くなり、跳ねてタイヤが路面を蹴り出しにくくなります。
追加で書くとペダリングにも影響が出てしまい、腰を浮かせたりした場合は特にペダリング効率も下がります。 

23cのいいところ
0発進が楽
タイヤが軽いので勾配のきつい場所で楽
タイヤ外径が小さいので踏み出しが軽い

デメリット
重量増による出だしの重さ
外径が大きくなり出だしが重くなる
勾配のきつい場所では重さがマイナス要因 
大トルクをかけた時のたわみ量が大きくなり加速が鈍る

メリット
重量増に伴い慣性が使えるので失速しにくいので走り出してしまえば重さが気にならない
エアボリュームが多くなるので振動吸収性能の向上
タイヤの変形量が少なく転がり抵抗が少ない
緩斜面は転がり抵抗が少ない方が進む
速度の伸びが良い(少ない力で進む)

大まかに書くとこんな感じでしょうか?
ツールなどの大きな大会でもクリンチャータイヤで幅の広い物を使う選手もいる様です。

細いリムに25cを付けると丸くなりすぎて本来の性能が出ない場合もあったり、ターンイン時にフィーリングが大きく変わる物もあると思います。
シマノの6800アルテグラと25cの組み合わせですが、IRC、ミシュラン、コンチネンタルは気になる様な変化はありませんでしたがボントレガーのR3はフィーリングが 大きく変わりターンインの瞬間にすっぽ抜けそうで怖かった覚えがあります。 

勾配が5%以上が続くなら23c
勾配が5%までなら25c
かなーと思います。 

image

2017モデルでワイドリム化された!
image

結構太い!!
リム形状もワイドリムらしく丸めになり今まで以上に期待できそう!
直進だけでなく、斜めからの風にも強そうな感じ!
image
 
ハブも新型で基本構造はDT!
前のモデルのハブよりも個人的には好感がもてます。

IMAG5925
キシリウムプロエグザリットやR-SYSなどのカーボンスポーク関係でバキバキ音が出始めたら…
IMAG5926
トラコンプリングの磨耗が原因です!
打痕が周全体にある事からもカーボンスポークが引っ張られているのではなくトラコンプリングで支えられている事がわかると思います。 
怪しいな!と思ったらここかもしれません!? 

image

右側から順な組まれています。
下手に分解すると組めなくなる場合もあるかもしれないので、分解するのは止めましょう。

image

今回は2時間ソロと4時間が2チーム!
4時間チームは男子ロード2名
男女ロード3名
僕は…
image

MD-09 D装備です。

でもね…
8時間以外は最後尾スタートぽいんです…!
image

ここから…

スタートして2周目までに先頭集団に入る事を目標にしてスタートてす。
結果…
集団が割れに割れて3つほどになっていたので先頭集団に入るまでに4周もかかってしまいました!
完全に逃げきられる前に追い付けて良かった!

雨の中センターラインのプレートで滑る事も数回…
落車も多々あり、逃げ道が無くてコース外に逃げたり…

先頭集団も8耐組のピットインなどでバラけるものの、毎度お馴染みコムリン軍団が追い上げて来て集団を再結成!
周回遅れも混ざってくるけど、動きがかなり怪しくて怖いのは仕方ないので怖くない位置に避難です。

ラストラップでチームメンバーのうっしーが追い付いて来て2ヘアの立ち上がりで、
ラストがんばってー!
って…

裏ストレートの半分以降まで抑える予定だったけど、苦手なロングスプリントへ!
※30分前に食べたメイタンカフェイン+のパワー見せてもらおーか!

同クラス2位の人にマークされ、最後は並びかけられ…
再加速して逃げきってみました!
ちなみにタイヤ1本分(  ̄▽ ̄)
たぶん30mm程度の差…
横に並ばれるまで気がつかなかった!
でも前半稼いだ分で1周差があった様です。

あとは4時間チーム!
男子チームは2時間交代作戦
男女チームも交代数は少ない作戦の様です。

男子チームはファーストライダーのしょーたから交代した大沼さんは雨と寒さで脚がつっても力走!
男女チームは三代さんが走行中!
突然雨足が強くなり落車が続出するなか安定した走りでラップを重ねる。

男子チームは大沼さんが最後まで走りきる作戦!
男女チームは三代さんから木幡くんに交代!
木幡くんもかなり頑張って走るものの寒さで体力が厳しく集中力が落ちて来たのでうっしーに交代!

無事に2チームともゴールをして、
男女チーム3位
男子チーム6位(順位を1つ上げた!)
両チームメンバーとも条件が悪い中無事に走りきり結果に繋がりました!

チーム練習の方が倍以上辛く、辛くしてくれている仲間に感謝!

フロント 中華カーボンリム25mm/50mm
リア エンビスマートシステム26mm/70mm
スポーク CX-RAY 丸穴用
ハブ 9000D/Aエアロスポーク用24H
組方 JIS
image

image

こんな記事を見かけたけど、シマノの事だから毎度の事ながら合わない様に作られていると思う!
足したり変えたりして変速性能がとても悪くなった事もある…
image

image

2枚の写真を比べると歯がキレイに並んでいないので、ガチャつくのと変速が悪くなる事が予想できます。

違う歯数ですが、何度か試した事があったので書いてみました。
歯数変更で変速が悪くなってもコンポや調整した人の責任ではない事だけは知ってもらえたらと思います。

image

MD-09とディープでまともに走るのは初めて!
とりあえず約2時間の走行でAv.35キロ
散々仕掛けたり仕掛けられたりでかなり脚を削られました…

1時間後に参加してきたメンバーにもこっぴどくやられ…
image

負けず嫌い3人↑はとーっても苦しそうで良かった良かった♪

スマホが熱フリーズ気味で写真がほとんど撮れなかったのでこんなもんでした…

image

帰り間際ににっしーが 安田大サーカスの団長に気がつき…
うっしーのかんぱつ入れないアタックが決まり…
追うにっしーと僕…
写真を撮ってもらいました(  ̄▽ ̄)

IF-0からIF-01へアップデート!
image

ハンドルをエアロノバPROへ変項です。
良くも悪くもエアロハンドルですが、組むのか面倒かつアウターがガリガリになるので組み方なども注意が必要です。

まだレバー位置が微妙に合わないので、バーテープは巻いてません。

カーボンモデルだと結構柔いのでアルミモデルに交換!
NOAHとNOAH fast でも使ってい物わそのまま使用です。
ただ、ワイヤーの取だし口はカーボンモデルの方が圧倒的に良いです。

フォークとハンドル空力特性は改善
されているお思います。
前が進む分、後ろ側で引っ張られる感じが常にする…

image

リアだけエンビスマートシステムのリム70mmです。
フロント50mm
前後ともワイドリム!
これにミシュラン パワーコンプ25cを組み合わせます。
JIS組24hでスポークはサピムCX-RAY丸穴用を選択。
 
ラジアル組とは違い振動吸収性は高いので乗っていて楽です。
横剛性は少し低い感じ…
僕的には気にするレベルではありませんが、かっちりが好きな方はラジアル組の方が良いと思います。

もろもろの理由から前後ともラジアルではありませんが、ホイールの感覚からだと狙った通りのフィーリングなのでかなり満足!

身体の負担も少なく加速での反応も予想以上でした。
もー少し慣れたらあら探しして書こうと思います。

image
IDOLにNOAH Fastのフォークを移植してみました。
まだエアロパーツ的にアップグレードの予定なのでIF-0と呼称しようと思います。
とりあえず、テストライドでは特に不満もありませんが、フロントが進み後ろが置いていかれる感じでバランス的にはどーなんでしょう?って感じです。
エアロフレームとして作られたバイクと比べると差は歴然… で、ノーマルと比べると平均速度と心拍で計ったら… 同じ平均心拍だと平均速度が1キロ以上は上がった! fastのフォークは形状的にも振動吸収が良い分、後ろ側の硬さが目立つ… フォークの横剛性は今のところ問題は無く、と言うよりはちゃんとしたコーナーを走っていないので山にでも持ち込んでみようと思います。 フォークの空気抵抗は非常に高いので形状の見直しや交換で戦闘力はアップする事でしょう! ただ、エアロフレームとして作られている場合は性能が落ちる場合もあります。 今後の予定は未定ですが、何かしらします。たぶん… 何分基本設計の古さはありますが、良く走るかは別としてフレームのデザインが好きなので気に入ってます! ついでに本国生産の最終型♪

image

メンテナンス不足で中が錆び錆び!

どんなホイールでも定期的にメンテナンスが必要です。
雨の中の走行や距離にもよりますが、年に1度はフルオーバーホールを♪

最近はしてませんが、土日走ったらボルト単位で車体ごとオーバーホールしている時期もあったのが懐かしいです(  ̄▽ ̄)

image

image

まずはフロントディレイラー!
シマノの比べると作りはシンプルな感じです。
image

image

image

リアディレイラーは思っていたよりもゴツい!
駆動時間
フロント90時間
リア60時間
となっているけど、1回の作動時間から考えるとだいぶ使えそう!

image

image

image

シフターはボタン電池2個で最長2年。

話題性で9100に完全に持っていかれた感の高いe-tapだけど、今後に期待!!

色々見てまわり、だいたいのパーツは現物を手に取って確認済みなのですが…
image

気のせいか、CS-9000には無かったと思われるカットが歯に施されているのでスタッフに確認してみると…
トップ側2枚は変速しやすくなっています!との事だが…
image

手前5枚…
明らかにカット数が増えて、形状が違う気がする!?
スタッフさんに確認すると、ホントだ!との事でした。
並べて見ないと判らないけど…

進化するばかりで入手出来ないパーツなども多々あるけど、今のモデルには無い美しさがあったのも事実!
一応、スタッフさんには初期型D/Aなどメーカー送りでいいから補修して欲しいとも伝えてみました。
期間限定、個数限定でも良いとは思うから補修して欲しいと思います。
パーツを無くして淘汰するのは商売としてはアリだけど、過去のモデルだから好きな人が多く居る事も忘れずにいて欲しいなー

他のパーツは多くの方が見てたけど、スプロケットってとても重要なだけに個人的にはとても気になる部分です。
たぶん、スプロケットを見てるだけで半日は潰せる!?

もろもろの説明を受けた後で、パーツを見て回ると…
image

新しいクリンチャーC40を発見!
今までよりもスポーク部分の出っ張りが少なくて空気抵抗が少なくなっているのかな?と思います。
基本的な作りはC24や35と同じです。
image

リム幅28mmとかなり広い!
最近のホイール事情からだと、フレームによっては使えないと思うので早めに2016以前のホイールを狙うのはアリだと思います!!
image

ディスク仕様も有りました。

他にも何かアップするかも?

IMAG7385
今回参加したのは、右から
こいずみくん
うっしー
M下くん
むらいちさん

の5名でした。

土手下は濡れていたので、上だけを走りUターンの繰り返しなので脚も結構削られます!
IMAG7383
完全に逃げ切りのぶっちぎり!
相変わらず速いです。
スマホがオーバーヒートしていて連写できなくて、かなり遠くにしか写ってない…
IMAG7384
こいずみくんを追いかけるむらいちさん!
IMAG7381
Uターンで離れてしまったけど、全力で追いかけるうっしーとM下くん!

写真係のふりをして膝に痛みが出て休憩していた僕。

初参加で大健闘のむらいちさん!
3回目の練習で確実に速くなったM下くん! 

気持ちが折れ そうでも人数がいると頑張れるのがとても良い!
様な
悪い様な…

キツくて苦しいけど、またやりますよー!
秋の筑波8耐までもう少し!! 

↑このページのトップヘ